スポンサーリンク

離婚までにかかった弁護士費用

未分類
かなめ
かなめ

弁護士費用にも相場がありました

弁護士に離婚問題について弁護をお願いすると

いくらくらいになるのか

料金体系がどうなっているのかわからないですよね

離婚の場合は契約の時点で一括で固定費用として

着手金を40-60万円程を払う場合が多いようです

尚、この着手金は自分の希望通りの結果に

ならなかったり途中で依頼をやめたりしても

基本的には返ってきません

これとは別にコピー代などの事務費用、

印紙や裁判手続にかかる費用

調停や裁判のために弁護士の移動が必要な場合

移動費、移動時間分の弁護士の時給を払います

そして、調停の段階で結論が出ず

裁判へと移行した場合

追加で20-30万円ほど更に着手金が必要です

そして、見事離婚を勝ち取った場合

成功報酬として40-60万円準備が必要です

そして、財産分与の対応も依頼する場合は

分与する金額にも寄りますが

40-60万円必要となります

なので裁判までいくと

トータルで200万円近くかかる可能性もあります

私の場合は、最初に頼んだ弁護士から

着手金という形ではなく、

月ごとで11万円提示してきたため

無知であった私はそれで契約してしまいました

これってただでさえ長引く裁判では

本当に弁護士にしか有利にならない契約で

調整や裁判を長引かせれば

何もしなくとも勝手に弁護士にお金が入る

契約なんですよね

はっきりいって騙されました

そういったことから離婚は

着手金という

早く離婚を決着させた弁護士が得をする

払い方になっているのだと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました