スポンサーリンク

不安と戦う

未分類

離婚に関わらず、

パートナーとの距離をおく

というのは不安と戦うことです。

モラハラ被害を受けている人は

私はダメなやつということを

散々、モラハラ相手に

刷り込まれていることに加えて、

人との接触を断たれているので

他人とどう接したらよいか、

周りの人たちが自分の事を

どう見ているのか、

常に人の目を気にする癖がついており、

いつの間にか、モラハラをする相手だけが

自分を認めてくれる相手と勘違いして

しまうからではないかと

私にモラハラ被害の相談をしてくる方々の

話から類推しています。

もし、あなた自身が

昔はそんなことはなかったのに、

モラハラ妻や夫、彼氏や彼女と

付き合い始めてから

人がどう見ているか

すごく気するようになった

ということがあれば

これは黄色信号です。

そして、

もう金銭的、精神的、肉体的に

耐えられないけど、

二人の為に離婚は我慢しよう。

我慢すればきっとわかってくれる。

と考え始めたらそれは赤信号。

もしかしたら

本当に二人の関係が時を経るにしたがって

良好な関係になるのかもしれませんが、

一旦、冷静になって

離婚をしないことのデメリットも

考えてみましょう。

デメリット自体は、

それぞれの方の置かれた状況で異なるので

自分自身でリストにして書きだしてみると

良いです。

もしかすると意外と

自分はメリットの方が大きいな

と思い直すケースもあるかもしれません。

ただ、デメリットが大きいにもかかわらず

パートナーとの距離を置くことの

不安の方が勝ってしまい、

今の関係を続けている方に対して

私の経験から言えるもう一つのデメリットは

決断を遅くすれば選択肢は狭まる

ということです。

若いころは私も気が付きませんでしたが、

歳をとっていくと本当に色々と選択肢が

狭まっていきます。

精神論では色々と言えますが、

現実、社会で生きていくという観点から

考えるとこれは紛れもない事実です。

現実をつきつけられる不安と向き合うのは

非常に苦しいことですが、

今の関係を続けることが

自分が望んでいることなのか

不安からきていることなのか

自分に問いかけることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました